針でも液晶でもない「書き続ける時計」


時計なんてマイコン始めたらすぐ作るような簡単なものですが、7セグメントLEDでも液晶でもチクタク動く針でもない新しい時計が作られています。この時計はホワイトボードに現在の時刻を書いては消し、書いては消しを繰り返します。3つの小型サーボーとarduinoで作られているこのデバイスはペンをアームの先に持っていて、2つのサーボでx,yを。1つでz軸方向を制御しています。時刻を書いてはホワイトボード右上のクリーナーをペンの先につけて(これが器用!)ホワイトボードを全て消します。消したらクリーナーを元の位置に戻してペンでまた時刻を書きます。

arduinoが1つ。サーボ3つにより作られています。
3Dデータはこちら http://www.thingiverse.com/thing:248009
プログラムもここに公開されています https://github.com/9a/plotclock
また、全体の仕様はこちら http://wiki.fablab-nuernberg.de/w/Ding:Plotclock

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です