カテゴリー別アーカイブ: つくってみた

話題になってるつくってみたを紹介します。

「Toot」というArduinoで作られた録音機で子供の言語と音楽性を高める

Federico Lameri は修士論文の製作としてTootを作成しました。
自分の声を録音して再生するこのデバイスで子供の言語や音楽の能力が伸びるそうです。

toot02出典: blog.arduino.cc

動画はこちら

Arduino Leonardを使っています。マイクとスピーカーがあり、ボタンをおすことで録音や再生をすることが出来ます。
これを使うと音が閉じ込められたようになり、自分の声などを繰り返し聞くことができるので聞くってことの発達やさらにそれを元に話すことの発達に役立つそうです。

元サイトはこちら
http://blog.arduino.cc/2014/09/01/music-skils-get-a-boost-with-toot/

これはすごいよ!超音波センサーを使ったレーダー

物体が空中のどの辺にあるかを知るには、距離センサーをたくさん使ったり、カメラをたくさん使ったりします。
今回紹介するのはすんごいです。超音波センサーをちょっと使っただけで物体のxyzの位置を取得できます。

ペンとして使って、絵を描いている様子

こちらはブラブラと揺れているりんごを描いたもの

利用しているのはHC-SR04という超音波センサー。ただし、よくある応答時間をただ測るというものではなく、ただの超音波スピーカーと超音波マイクとして利用しているようです。
distant3出典: coolarduino.wordpress

4つならべた中央の1つだけを送信機として利用しています。
受信した信号はMCP6024という4chアンプで増幅されてarduinoの12bit-1MSPSのA/D変換で取り込まれます。

特徴として

  • スキャンできるのは最大3mまで
  • 2つのものを検出できるが5cm以上離れていないといけない
  • ±30度の範囲
  • Z方向の解像度は12um。(タイプミスではないです、0.012mmのことです)
  • 完全スキャンは16msecかかる。反響がひどい場所だと100msecぐらいにしないといけない

素晴らしい性能ですね。様々なことに利用できると思います。

回路図は
http://uglyduck.ath.cx/HC-SR04E/HC-SR04E.svgz
に公開されています。
ちょっと、プログラムが見当たらないのですがFFTを利用しているようで、FFTをarduinoでやる方法などは載っていました。
それを含めて、これに関する元サイトはこちらです。
http://coolarduino.wordpress.com/2014/08/10/virtual-touch-screen-3d-ultrasonic-radar/

色のあるものを追う「Pixy Pet Robot」

かわいいです。まずは動画をどうぞ

ArduinoLeonardoを利用しています。また、カメラやモーター部分など、全てadafruitで購入可能です。sensors_IMG_5133出典: adafruit

ロボットの製作についてはこちら
https://learn.adafruit.com/pixy-pet-robot-color-vision-follower-using-pixycam

特に利用されているPixy CMUcam5は特徴的なデバイスで、画像処理をして、ほしい結果を取得することが出来ます。映像処理をした人なら分かるかもしれませんが、Arduinoのみで、動画にあるような画像処理をするのは結構困難です。
このロボットは処理の多くをこのPixy CMUcam5に頼っています。

Pixy CMUcam5についてはこちらで確認できます。
http://www.adafruit.com/product/1906

PIC12F683を使った鉛蓄電池充電器

鉛蓄電池の充電装置は意外と高いものです。今回はPICを使った充電回路を紹介します。部品さえ手に入れば安く作れちゃいますね。

F4RR0JFHYY8JXSL.MEDIUM出典: instructables

12V鉛蓄電池の充電は決して難しくないので、挑戦する価値ありです。
元サイトで紹介されている回路図もこんな感じ。

FFDP0OAHYY8NP8A.MEDIUM基本的には電圧を監視してリレーをオン・オフします。
リレーをONOFFして、そのONの割合を制御するわけですが、充電が終わりがけになってくると段々リレーがONになるタイミングがなくなってくるようにします。

元サイトではかなり細かく説明されていますので制作する際はすごく参考になると思います。
http://www.instructables.com/id/Car-battery-charger-with-PIC12F683/step3/The-electronics/

 

 

AVRで作る自動消火装置

コーネル大学のTrevor SlatonとDawn Xiangは火の位置を検出し、ホースを制御することで自動的に日を消していくロボットを発表しました。001出典:コーネル大学

センサーとしては光センサーを利用し、サーボモーターを使うことで放水する向きを制御しています。動画はこちら

ポイントは非常に高価なセンサやー複雑な部品などを使っていない部分です。
センサーは3つの光センサーを使っているだけです。あとは、モーターで向きを変えてスキャンするように炎の位置を推定します。
プログラムもかなりシンプルで、頑張ればCPUなしでも動かすことが可能だと思います。

011

サイトにはかなり詳細な説明と値段付きの部品リストが載っています。
http://people.ece.cornell.edu/land/courses/ece4760/FinalProjects/f2013/tms245_dzx3/tms245_dzx3/index.html