カテゴリー別アーカイブ: パーツ紹介

話題になっている・新しい部品を紹介します

小さくて安いに対抗馬。新しいLinuxボード「Arietta G25」

IntelのEdisonは切手サイズでWifiやBluetoothなどが載っていて値段はそこそこなLinuxボード。今回紹介する「Arietta G25」はそれより大きくてWifiなどはないものの、安くてRaspberryPiのようにピンを取り付けやすくなっています。

Screen Shot 2014-11-03 at 20.45.53出典: Arietta

特徴

  • ARM9で400Mzの動作。DDR2のRAMは128か256MB
  • 5Vか3.3Vのピンからの供給で動作
  • microUSBソケット付
  • その他通信系(USB, UART:3 PWM:4 SPI:3 I2C)
  • 逆にありそうでないもの。HDMIなどのビデオ出力と有線LAN
  • 値段が安い(20ユーロ(2800円)ぐらい)

「もっと小さくて安いRaspberryPiが欲しい!HDMIとかいらない!」って方にはぴったりですね。組み込みにLinuxを取り入れるって感じになりますね。
サイトではLCDをつないだ例とかの、実際に使ってみたという例が載っています。

これはLCDディスプレイを繋いだ例

Wifiモジュールの載せ方なども載っています。親切ですね。

arietta_wifi_placement

 

もっと詳しく知りたい方はこちら
http://www.acmesystems.it/arietta
購入はここから出来ます。
128MBタイプが20ユーロ。256MBが30ユーロです。
一緒に使えそうなLCDディスプレイやWifiモジュールもあるのがいいですね。
http://www.acmesystems.it/catalog_arietta
あとはこの中のお店でも
http://www.acmesystems.it/arietta_resellers

日本語サイトもまだ少ないので。もし買って、使ってみたブログ上げられたらぜひご連絡ください!

Wifiも載ってる激安Linuxボード「WRTnode」

RaspberryPiやGallieoやBeagleBoneなど、最近流行りの小型Linuxボードですが、今回紹介するのはWifiが既に載っててRaspberryPiぐらい安いボード「WRTnode」です

WRTnode出典: WRTnode

特徴はなんといってもWifiが載ってることでしょうか。「どうせ使うんでしょ」と言わんばかりですね。他の特徴は

  • 600MhzCPU
  • 128Mbit SPIFlash
  • 512MbitDDR2 memory
  • 25ドルとかなり安い。

といったところでしょうか。あとは、簡単に開発できるためのツールが用意されています。「WRTnode IoT development framework SDK」というものです。これでGUIで設定できたり複雑な周辺回路も簡単なAPIで操作できるとか。

公式サイトは
http://wrtnode.com/
また、このサイトから25ドルで購入可能です
http://www.dfrobot.com/index.php?route=product/product&product_id=1158

SRAMでもDRAMでもない不揮発・高速な「FRAM」搭載マイコンボードがMouserに登場

SRAMは高速ですが電源切るとデータが消えます。DRAMも同様ですね。また、フラッシュメモリは高速でデータは消えませんが書き換えにものすごい時間がかかります。そんな中FRAMはデータが消えずにそれでいてSRAMなどのように高速に書き換えが可能です。
特徴はこんな感じ
http://jp.fujitsu.com/group/fsl/release/20131113.html
このFRAMをフラッシュメモリの代わりに使った超低消費電力マイコン「MSP-EXP430FR5969」がMouserで取り扱いが始まりました。

MSP-EXP430FR5969_board_front-board
出典: mouser

開発ボードの特徴は以下のとおりです

  • ROMとしてFRAMを採用。64KBのFRAMと2KBのSRAM
  • 16BitのRISC CPU(ARMではない)
  • 100uA/Mhzの消費電力と500nA以下のself-wakeup可能な低消費電力モード
  • 0.1FのコンデンサによるRTC動作

超低消費電力マイコンですが、それよりもFRAMが気になる所です。アクセス速度は8Mhzでsystem clockが16Mhzとなっています。

Mouserでは現在2700円ほどで扱われています
http://www.mouser.jp/ProductDetail/Texas-Instruments/MSP-EXP430FR5969/?qs=FBI%252bX3tnPf0g8H7ws5NtfA%3d%3d

「Arduino Micro」「Arduino USB Host Shield」が秋月で発売開始

秋月で「ArduinoMicro」と「Arduino USB Host Shield」の取り扱いが始まりました。

「ArduinoMicro」

ちょっと小型のArduinoです

M-08286
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-08286/

特徴

  • Leonardoと同じATmega32u4 ~16Mhz
  • IO 20本
  • PWM 7本
  • A/D 12本

「Arduino USB Host Shild」

Arduino用のUSBインターフェイスです。

M-08287
出典: http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-08287/

特徴

  • USBホスト(つまりPCみたいにUSBを繋がれる側)として動ける
  • SPI制御
  • Arduino Uno Mega Leonardo で使える

それぞれ購入先はこちら
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-08286/
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-08287/

500円でお釣りが来る、PSoc4開発キット「CY8CKIT」

CY8CKITはご存知でしょうか。4ドルで販売されてるPSoc4の開発キットです。CY8CKit-049_sm(1)
出典: CYPRESS

特徴

  • 4ドルで販売されている。ものすごく安い。
  • PSoc4で、ARMCortex-M0 CY8C41xx や CY8C42xx がサポートされている。
  • 静電容量タッチセンサーコントローラーあり
  • USBコントローラー搭載でUSB-SERIALやUSB-I2Cが可能。

実際に使われている方のブログもありますね
http://noritan-micon.blog.so-net.ne.jp/2014-06-01
公式サイトにはDocumentなど載っております。
http://jp.cypress.com/?rid=92146

Mouserでも入手できます。在庫も豊富ですね。
http://www.mouser.jp/ProductDetail/Cypress-Semiconductor/CY8CKIT-049-42XX/?qs=sGAEpiMZZMvFPGEOwQcrY1BLWEeNmmx8518EO8SDPrVH%252brZy64L4uw%3d%3d