機械学習するArduinoフーズボールロボット

[`evernote` not found]

機械学習してフーズボールがうまくなってくるロボットです。 UCバークレーのSaba Khalilnajiさんは学習の中でも教科学習を実際の世界でマルコフ決定過程を用いて実現しました。

動画では4万のQValueを計算するため1回の計算に1秒ほどかかる状態だそうです。ボールの位置検出には普通のWebカメラを使っています。

ArduinoUnoでサーボモーターを利用して操作しています。より詳しくはこちら

http://somesaba.github.io/posts/robot-foosball-part-3–artificial-intelligence/