RaspberryPiで植物を遠隔監視

[`evernote` not found]

観葉植物など、ついつい水をやり忘れがちですがこれを作ればもうなくなるかも。土の乾燥具合を調べてネットワーク経由で確認できる装置です。

finalresult_
出典:tuts+

土の水分保有量は土が電気をどのぐらい通すかで調べることが出来ます。そこで、その電気の通りやすさ(それはつまり抵抗値となる。)をA/D変換を使ってデジタル信号にして、RaspberryPiに取り込みます。RaspberryPiにはA/D変換がないので、SPI接続の10bitA/DをつないでRaspberryPiに入力しています。build5

測定さてれたデータは液晶に表示されます。また、ControlMyPi.comを使ってブラウザ経由で現在の水分保有量やその変化履歴をグラフでみることも出来ます。

cmp4

プログラムは全てpythonで書かれていて、非常に短いコードで作られています。ControlMyPi.comのいい勉強にもなります。
以下のサイトより非常に詳しい説明をみることが出来ますので見てみて下さい。
http://computers.tutsplus.com/tutorials/build-a-raspberry-pi-moisture-sensor-to-monitor-your-plants–mac-52875