カテゴリー別アーカイブ: 話題

新しい部品・製作例など話題になっているものを扱います

Sublime Text2をArduinoIDEとして使う

エディタとしてファンの多いSublimeText2ですが、Arduinoのスケッチを編集しちゃおうっていうはなしです.

Use-Sublime-Text-2-to-Replace-Arduino-IDE-1
出典: elecfreaks.com

元々Cのエディタとしてつかえば編集は出来ましたが、関数のサジェスチョンが出てきたりとか便利です。また、画像にあるようにBootもできるようです。(記事には文字で書いてないですが、多分)
重要なのは元サイトで紹介されているST2-Arduinoというツールです。
これを入れることで色々できるようになるみたいです。

元サイトはこちら
http://www.elecfreaks.com/7525.html

部屋のライトをハッキングする

今回はハッキングの話です。Amazonで19ドルで売っているワイヤレス電球ソケットを4chまでしか対応していなかったのを制限なく何個でも使えるようにしたって話です。FZLXPGWI2Q1H6GS.MEDIUM
出典: instructables

元々無線で操作できるAmazonにあった電球を分解してます。
分解すると中にEEPROMがあり、そのデータシートを元にEEPROMを読み書きしています(dump用のpythonコードも公開しています)これをもとに無線を受信したらEEPROMの値が変わっているのを確認します。ここまでは観察です。

次に送信機を分解しています。
これは315Mhzの周波数を使っていて、20bitのcode(他の315Mhzとぶつからないように)と4bitのdataでできていることがわかっています(データシートを見て)。そしてこの中にリモコンの番号(照明の番号じゃない。隣の家の人が同じものを使っても大丈夫になるためのもの)があるのを推定し、これを元にdumpファイルの比較からリモコンごとの番号を見つけています。

最後に、好きな番号を送信する同じ315Mhzの送信機をArduinoを使って作っています。
これで4chだけでなく他の買ってきた照明もdumpしてidさえとってしまえば制御できるようになります。

すごいですね。カッコイイハッキングです。
詳しくはこちら
http://www.instructables.com/id/5-RF-Controlled-Light-Sockets/?ALLSTEPS

そう来たか。ArduinoとBLEで家の照明をコントロール

最近はいろいろな人がBLEで制御できる○○っていうのを作っていますが、ここまで雑な感じ(わかりやすい感じ)のものは久々に見たので掲載。サーボモーター4つ使ってスイッチを2つ制御しています。

FRUZTBBI2ABN92Q.LARGE出典: instructables.com

ArduinoUnoとBLEはArduino向けのBLEをシリアルに変換するボードを使っています。
サーボモーターは秋月でも売ってる小さいやつです。

動画はこちら

これこそ工作ですね。シンプルな回路と構成でも面白いものが作れます。

詳細はこちら。arduinoのスケッチファイルもあるのでBLEだけ参考にしたい人にもよいでしょう。
http://www.instructables.com/id/Arduino-Room-Automation-via-Bluetooth/

新しいRaspberryPi A+ は20ドルで今日から!

既に話題になっていますが。今日、みんな大好きRaspberryPiにより小さくて安いA+がでました。価格は20ドル!

A-_Overhead-500x333
出典: RaspberryPi.org

B+はでっかくでっかく多機能に。A+はAよりも小さく安くなってきました。
A+の特徴は

  • サイズは小さく 65mm 86mm
  • 値段は20ドル
  • メモリは256MB
  • GPIOはB+と同じく40ピンと増えました。Hatも繋げられます
  • より少ない消費電力
  • ノイズに強いオーディオ
  • その他色々(microSDになりました。ビデオコンポーネントはなし)

既に動画も公開されています。

これこそRaspberryPiの本道ですね。安くて小さい。
いつものRSコンポーネントだとまだ買えないようですが(11/10時点では)、すぐに買えるようになるでしょう。

公式サイトはこちら
http://www.raspberrypi.org/raspberry-pi-model-a-plus-on-sale/

小さくて安いに対抗馬。新しいLinuxボード「Arietta G25」

IntelのEdisonは切手サイズでWifiやBluetoothなどが載っていて値段はそこそこなLinuxボード。今回紹介する「Arietta G25」はそれより大きくてWifiなどはないものの、安くてRaspberryPiのようにピンを取り付けやすくなっています。

Screen Shot 2014-11-03 at 20.45.53出典: Arietta

特徴

  • ARM9で400Mzの動作。DDR2のRAMは128か256MB
  • 5Vか3.3Vのピンからの供給で動作
  • microUSBソケット付
  • その他通信系(USB, UART:3 PWM:4 SPI:3 I2C)
  • 逆にありそうでないもの。HDMIなどのビデオ出力と有線LAN
  • 値段が安い(20ユーロ(2800円)ぐらい)

「もっと小さくて安いRaspberryPiが欲しい!HDMIとかいらない!」って方にはぴったりですね。組み込みにLinuxを取り入れるって感じになりますね。
サイトではLCDをつないだ例とかの、実際に使ってみたという例が載っています。

これはLCDディスプレイを繋いだ例

Wifiモジュールの載せ方なども載っています。親切ですね。

arietta_wifi_placement

 

もっと詳しく知りたい方はこちら
http://www.acmesystems.it/arietta
購入はここから出来ます。
128MBタイプが20ユーロ。256MBが30ユーロです。
一緒に使えそうなLCDディスプレイやWifiモジュールもあるのがいいですね。
http://www.acmesystems.it/catalog_arietta
あとはこの中のお店でも
http://www.acmesystems.it/arietta_resellers

日本語サイトもまだ少ないので。もし買って、使ってみたブログ上げられたらぜひご連絡ください!