カテゴリー別アーカイブ: パーツ紹介

話題になっている・新しい部品を紹介します

500円でお釣りが来る、PSoc4開発キット「CY8CKIT」

CY8CKITはご存知でしょうか。4ドルで販売されてるPSoc4の開発キットです。CY8CKit-049_sm(1)
出典: CYPRESS

特徴

  • 4ドルで販売されている。ものすごく安い。
  • PSoc4で、ARMCortex-M0 CY8C41xx や CY8C42xx がサポートされている。
  • 静電容量タッチセンサーコントローラーあり
  • USBコントローラー搭載でUSB-SERIALやUSB-I2Cが可能。

実際に使われている方のブログもありますね
http://noritan-micon.blog.so-net.ne.jp/2014-06-01
公式サイトにはDocumentなど載っております。
http://jp.cypress.com/?rid=92146

Mouserでも入手できます。在庫も豊富ですね。
http://www.mouser.jp/ProductDetail/Cypress-Semiconductor/CY8CKIT-049-42XX/?qs=sGAEpiMZZMvFPGEOwQcrY1BLWEeNmmx8518EO8SDPrVH%252brZy64L4uw%3d%3d

 

RaspberryPi用の小型タッチスクリーン

RaspberryPiは小さいので、それ用の小さな画面が欲しくなることも多いですね。adafruitではRaspberryPi用の小型でしかもタッチスクリーンになるものを発売しました。

1983-00出典: adafruit

大きさは写真の通り(多分合成写真ですが)。320*240ピクセルでシングルタッチの静電容量式タッチパネルです。静電容量式なのでつまようじのようなペンでタッチしても反応しません。iPhone都下と同じですね。

接続はRaspberryPiのGPIOを使います。ただ、最近発売されたRaspberryPi B+ はピン数が変わっていてそれには今ははめられませんが、adafruitは

“We’re still poking at Raspberry Pi B+ support (hey it just came out like last week) and we’re recompiling kernels as fast as we can! Right now only RasPi model A and B are supported but B+ will work, we just need to package it up.”

と言っているのでそのうち対応するでしょう。

adafruitで44ドル(4400円ぐらい?)で販売されています
https://www.adafruit.com/products/1983

7/11から発売!mbedなBLEモジュールHRM1017の実験レポ

スイッチサイエンスで7/11からmbedなBLEモジュールが発売されます。スイッチサイエンスでは先行して温度センサーとつないで動かす様子をアップしていたので紹介。IMGP1548出典: スイッチサイエンス

mbedなので、mbedでいつものようにブラウザから開発できます。載っているチップはお馴染みのnRF51822です。( 詳しくは http://yuki-sato.com/wordpress/2014/06/25/nrf51822%E3%81%A8%E3%81%AF/ )
Cortex-M0で、最大32Mhzで動作するチップです。
メーカーであるNordicからBLE用のソフトウェア(S110)が用意されていて割りと簡単に開発できます。
また、スイッチサイエンスから発売されるこれは技適をとっているので問題なく日本で電波を出せますし、これを組み込んだ回路も認証は不要です。

スイッチサイエンスのブログでは実際に温度センサーとI2Cで接続してスマートフォンのアプリと連携しています。
1017circuit_tmp

mbedでBLEが開発できるのは嬉しいですよね。
詳しくはこちら。
http://mag.switch-science.com/2014/07/09/connect-mbed-hrm1017-to-ipad/

DIPでUSBがあるPIC24FJ64GBが秋月に出た!

PIC24FJは非常に扱いやすい16bitマイコンで元々秋月でも扱っていました。今日からUSB入出力もあるPIC24FJ64GBシリーズのしかもDIPタイプが秋月で販売されています。

I-08168
出典:秋月

32Mhz動作で16MIPSで動作します。肝心のUSBはフルスピードUSBに対応しているので最大速度は12Mbpsとなります。

今は1個340円で販売しています
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-08168/

PIC24F GB2シリーズではハードウェアでの暗号化・復号化がサポートされて省電力化

近年Internet Of Thingsなど、小さなデバイスでもWifiやBluetoothにつながることが多くなりました。電池で動くデバイスも多いので、そんな時に通信ごとに沢山計算が必要な暗号化・復号化をやっていては電池がすぐに減ってしまいます。

PICを作っているMicrochipでは、PIC24F GB2シリーズに暗号化・復号化のハードウェアを追加しました。CPUを使わずにAES, DES, 3DESの計算ができます。
GB2シリーズの消費電力は180uA/Mhzで、Sleepは18nAと非常に少なくバッテリーを長持ちさせられるそうです。

詳しくはこちら
http://www.microchip.com/pagehandler/en-us/press-release/microchip-expands-xlp-low-powe.html