タグ別アーカイブ: PIC

新しいPIC16(L)F170x 171xの特徴

Microchipは16F1シリーズという高機能な8bitマイコンシリーズを最近立て続けに出しています。3/31に新たにPIC16(L)F170xとPIC16(L)F171xシリーズを発表しました。
Microchip-News_500
出典: http://www.elektor.com/news/Microchip-Analog-PIcs/

16F1シリーズとして今までのと違って新しく付いている特に注目の機能は
1. CLC ( Configurable Login Cell )
2. COG ( Complementary Output Generator )
3. ZCD ( Zero Cross Detect )
4. XLP ( eXtreme Low Power )
の5つです。

1. CLC ( Configurable Login Cell )
ちょっとしたFPGAをPICの中に入れたようなものです。CPUとは関係なくある論理回路をPICの中に設定しておくことが可能です。
スクリーンショット 2014-04-09 1.39.20
この図ではCLC1はDフリップフロップとXOR回路でこんな風に。CLC2はDフリップフロップでその出力をCLC2OUTとしてピンに出力。そして、CLC1は入力としてTMR2とPR2のマッチを入れています。
入力はI/Oやペリフェラルの何かなどを設定でき、出力は割り込みやピン出力などが指定できます。
これがあれば、ちょっとした「ボタンを2回押したら割り込み」なんてのもプログラムで押した回数数えなくてもちょっとCLCで回路を組めば2回目に割り込ませることもCPUなしでできちゃいます。CPUを使うのがもったいないことやCPUのクロックより早くやりたいことにはすごく便利です。

2. COG ( Complementary Output Generator )
簡単に言うと1つのPWMを2つのPWMにします。それもわざと時差をつけて。
スクリーンショット 2014-04-09 1.32.55
あるPWMがあってその逆位相がどうしても欲しい時があります(Hブリッジなど)。その時に簡単に逆位相を作ってくれるのがこのCOGです。さらに、ぴったり同じタイミングで逆位相だと突貫電流などで困ることがあります。なので設定から「このぐらいずらした逆位相」という設定ができます。

3. ZCD ( Zero Cross Detect )
電源を使った回路を使うならすごく便利です。電球の明るさ制御や、電源だけで正確な時間をどうしてもカウントしたいときがあると思います。ZCDはAC入力のゼロクロスを検出します。つまり50Hzなら1秒間に100回ゼロクロスしますが、それを簡単に検出してくれます。

4. XLP ( eXtreme Low Power )
非常に低い電圧・少ない電流で動かすことが出来るということです。
最低動作電圧は1.8Vで、1.8Vの時の電流は
Sleep 50nA
標準動作 8uA@32kHz
標準動作 32uA/Mhz
となっています。extremeとつけるほどとはちょっと言えない気もしますが、少ないですね。

以上の機能に関しては「8bitシリーズで追加していくもの」という資料にあります。
また、今回発売されたPICシリーズのdatasheetは
http://ww1.microchip.com/downloads/en/DeviceDoc/40001729A.pdf
http://ww1.microchip.com/downloads/en/DeviceDoc/40001726B.pdf
にあります。

超ハイエンド。PIC32MZでのTFT描画

PIC32MZはPICの32bitシリーズの中でもハイエンドで
200Mhz  Flash2MB RAM512KBという性能を持っています。これだけあれば、、、ということでTFT液晶とつないでかなり高度な描画をしちゃった人がいます

スクリーンショット 2014-03-18 21.37.57出典:http://herptronix.blogspot.fr/

もちろん動画も公開されています。
特に動画後半の高速な線の描画は圧巻です。

残念ながら何語か分からない言葉でHPが書かれているのですが、ソースコードやhexファイルは公開されています
元サイトはこちら
http://herptronix.blogspot.fr/
ソースなどはこちら
https://docs.google.com/file/d/0BxPBbcHtRG44UGlRQkZKQVhCVW8/edit