タグ別アーカイブ: robot

完成度が高い!RaspberryPiで作るR2D2

自作R2D2はよく目にしますが。これは完成度が高いです。しかもRaspberryPiを使っていて、頑張れば作れちゃいます。

映像でも分かるかもしれませんが、特徴としては

  • ブラウザからカメラの映像が見えるし、動かすことも出来る
  • プロジェクターで映像を映せる

などなど。作ってる様子はこんな感じだそうですr2_front_chassis2
出典: http://www.langleycreations.com/blog/?p=17

これを作った方は非常にスマートで、サイトもとても良くまとまっています。ぜひご覧ください
http://www.langleycreations.com/blog/?p=17

群行動で形を変えるロボット

ハーバード大学は1つ1つは小さいけれど、群行動をして、全体の形を変えるロボットを発表しました。

rubenstein1hr-f34dc02f8d243311db97d215f74d739e78e49163-s40-c85出典: npr.org

kilobotと呼ばれるロボットは全部で1024います。全てが手で作られ、Rubenstein’s labという場所を利用したそうです。動きをご覧ください。

動画にもありますが、近くにいるメンバーを認識することができます。また、足は金属棒で、モーターによるバイブ的な振動で動きます。

より詳しくは英語ですが、以下サイトから
http://www.npr.org/blogs/thetwo-way/2014/08/14/340362573/do-not-fear-this-giant-robot-swarm?utm_medium=RSS&utm_campaign=science
また、ハーバードの自己構築システム研究チームのページはこちら。より詳しいです。
http://www.eecs.harvard.edu/ssr/projects/progSA/kilobot.html

自動運転の大会”The SparkFun Autonomous vehicle competition 2014″が開催されたよ!

sparkfunがやっている自動運転の大会AVC( Autonomous vehicle competition )が先週開催されました。まずは動画をご覧ください

この大会は自動車の部と飛行機の部にわかれていて、それぞれ障害物を避けたり通ったりして競い合います。細かくクラス分けされていて、それぞれ訳すと

自動車の部

  • 「マイクロ/PBR」 費用が350ドル以下で、かつサイズが10*6*4インチ以下
  • 「ドーピング」めっっちゃでかくて最悪で超カネがかかったものを持ってこい
  • 「古くない移動手段」二足歩行やハムスターボールなど変わった移動手段
  • 「Peloton」上3つに当てはまらないもの

飛行機の部

  • 「固定翼」飛行機のことです
  • 「回転翼」ヘリコプターやクワッドコプター

賞金も用意されていて部門ごとに違うのですが1位が250ドル〜高いもので1000ドル(回転翼の1位)となっています。動画ではそれぞれの様子が出ていますがどれも難しそうですね。

今年の細かいルールなどはこちらから見れます
https://avc.sparkfun.com/2014

よりインタラクティブなインターフェイス

pattenstudioは新しいインタラクティブなユーザーインターフェイス「Thumbles」を発表しました。

今までもMITで行われているタンジブルなどの技術はあるのですが、これは操作パネル自体が物理的に動くという非常に面白いものです。

残念ながら技術情報は詳しく載ってないのですが、動画を見るだけでも印象的なので記事にしました。

公式サイトはこちら
http://pattenstudio.com/projects/thumbles/
pattenstudioはニューヨークにある小さな会社のようです。

時速46km/hの二足歩行ロボット

タイトルそのままですが、時速46km/hで走る二足歩行ロボットです。

動画には単純に高速で走るシーンの他に、それなりの速度で障害物が来るという状況での実験が載っています。尻尾を振った時の安定性に関する研究のようですね。