タグ別アーカイブ: USB

PIC18F14K50のUSBでキーボードをシュミレートする

PIC18K50は秋月でも売っているUSBインターフェイス付きのPICです。ピン数が少なくDIPパッケージでも販売しているので扱いやすいものですが、今回はそれを使ってパソコンにつなぐとキーボードとして認識されて回路のボタンをショートカットキーとして使えるようにしたものを紹介します。

01出典: http://www.chromationsystems.com/quickkey.html

MicrochipからはUSBヒューマンインタフェースキーボードのサンプルプログラムが出ていて、これはそれを使っています。通常のプロファイルなので、この装置をパソコンに繋ぐだけでドライバーなど不要ですぐに使えるようになります。キーボードとしてね。ただ、この装置にはキーボード分のボタンはついていなくて、10個ほどのボタンがあるだけです。ただ、そのボタンはそれぞれショートカットキーとして機能します。
スクリーンショット 2014-08-12 1.25.42出典: http://www.chromationsystems.com/quickkey.html

すごく便利ですね。キーボードを置き換えるわけでもなくショートカットのよく使うものを別のボタンにしちゃった感じです。

元のサイトには回路図の他にプログラムも公開されています。
http://www.chromationsystems.com/quickkey.html
また、キットとして販売もされています。
http://www.chromationsystems.com/store/index.php?main_page=product_info&cPath=65&products_id=273
18ドルなんで1800円ぐらいかな?キットとしてもそんなに高くないですね。
ドライバー無しでキーボードとして使えるわけですから、自分が作ったゲームの専用コントローラーとしても作れちゃいますね。